So-net無料ブログ作成

プリザーブドフラワーの取り扱いについて! [プリザーブドフラワー]

先日友人から

こんなことを聞きました。

「プリザーブドフラワーを置いてある場所の

家具の塗装がはがれた!というか

溶けた?!」というのです!

それがこの写真

プリザーブドフラワーの親油性.jpg

直接お花を置いて数日のことだというのです[もうやだ~(悲しい顔)]

最初は アジサイがくっついているのかと思ったのだそうですが

こすってみると

アジサイの花と一緒に塗装がはがれ

アジサイの方にも

家具の白い塗装が溶けて液体になって付いていたそうです[exclamation×2]

びっくりして調べてみると・・・

プリザーブドフラワーに使われている加工液は
『親油性』の物があり 
油性塗料、ニス、樹脂、プラスチックなどに直接触れると
花が貼りついたり色が移る恐れがある
という事です!
さらに
色移りするだけでなく
ものによっては
家具等の塗装を溶かしてしまう事もあるという事です[exclamation×2]

ええ~[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]



そういえば・・・以前アレンジでフェイクパールに

忘れたころに花びらなどが貼りついていたこともあったのですが

湿度の問題だと思っていました。

確かにプリザーブドフラワーは器等にアレンジすることが多く

直接家具等の上に置くことはほとんどなかったので

今回調べてみて初めて分かりましたm(__)m


そこで

私も実験して様子を見てみることにしました[exclamation]


3社のプリザーブドのアジサイ
(友人のアジサイと同じものを含む)を

我が家の塗装の種類が違うと思われる場所3か所に

約2週間強置いてみました。

より密着度を上げるために軽く重しになる木の板を乗せました。



①家具

実験1-1.jpg

実験1-2.jpg



②自分で塗装した面

実験2-1.jpg

実験2-2.jpg



③塗装のしてある購入した物

実験3-1.jpg

実験3-2.jpg


結果は

残念ながら変化はありませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]



ただ今回置いた場所の塗装に影響がなかっただけで

身の回りのものが

実際どのような塗装がされているかわからないので

プリザーブドフラワーが直接触れることは

きょくりょく避けた方がいいのは確かです!

そして

これからもプリザーブドフラワーを長く楽しんでいただけるように
◎水はあげない 
  ◎高温多湿を避ける
  ◎直射日光を避ける
              ◎衣類やカーテンなど布製品への色移り…等々

こちらもお忘れなく[exclamation]
特に
梅雨のこの時期
プリザーブドフラワーの取り扱いには
一段とご注意ください m(__)m

注意をすることにこしたことはありません!!




共通テーマ:趣味・カルチャー